株式会社ライフモールド

プラスチック加工・成形・塗装|株式会社ライフモールド

フィルムインサート成形(IML成形)

FILM INSERT MOLDING

デザイン性が求められる今、フィルムインサートの需要が高まる

昨今の自動車内装などの高品位デザインに対応すべく、ライフモールドでは車載向け内装パネルなどのIML成形(フィルムインサート成形)に力を注いでいます。
印刷柄の入ったPC・PMMAなどのフィルムを真空成形でフォーミングし、外形を抜き、一体成形する工法です。
従来のプレスフォーミングに比べ、より複雑な三次元形状に対応でき、デザインの自由度が高いのが特徴です。
また、成形品の塗装・印刷といった二次加工の工数も大幅に削減できます。

フィルムインサート成形(IMD成形)の特徴

  • ・3D曲面などの複雑な形状にもデザインを忠実に再現することが可能です。
  • ・成形と加飾の二つの工程を同時に行うことができ大幅な効率化が見込めます。
  • ・光学特性や耐摩耗性にも優れています。
  • ・多様な意匠表現が可能です。
  • ・多品種小ロットにも柔軟に対応することができます。
  • ・塗装やメッキ処理などに比べ、有機溶剤の使用が限定されるため環境面でも優れています。

フィルムインサート成形(IML成形)の流れ

金型にIMLフィルムを挿入し、ヒーターでフィルムを加熱して軟化させる。

真空や圧空の作用により、IMLフィルムを製品の形状にフォーミングする。

不要な部分をトリミングする。

トリミングを行ったIMLフィルムを成形金型へインサートする。

金型を閉じた後、樹脂を充填する。

冷却した後、離型して成形品を取り出す。

フィルムインサート成形(IML成形)の製作事例

事業内容

  • インモールド成形(IMD成形)
  • フィルムインサート成形(IML成形)
  • 薄肉成形
  • 外装成形
  • 金型加工

事業内容